ZEHへの取り組み

断熱リフォームならアクアフォーム熊本東におまかせ!

主な加盟団体

LIXIL

LIXIL

YKK

YAMAHA

TOTO

noritzノーリツ

パナソニック

LIXIL

日本住宅保証検査機構

防衛弘済会指定店

郵弘会特約店

リフォーム豆知識

リフォーム豆知識トップへ

重要です!屋根・外壁のリフォーム外壁リフォーム時期の目安と点検住まいのメンテナンススケジュール
代表的な屋根形状屋根材の種類とそれぞれの特徴大切なのは日頃の点検とお手入れ

31.重要です!屋根・外壁のリフォーム

ガルバリウム鋼鈑「Crespa(クレスパ)」屋根・外壁のリフォームは10年前後が目安だとご存じですか?住み心地には関係ないように思えますが、傷んでしまった部分をそのままほっておくと大変なことに・・・屋根・外壁は直接構造体にかかわる大切な部分です。傷んだ部分ををそのまま工事してしまうと工事が大がかりとなり、経済的とは言えません。リフォームすることで住まいの性能がアップ、外観も美しくでき資産価値も高まります。

※写真はガルバリウム鋼鈑「Crespa(クレスパ)」

外壁リフォーム時期の目安と点検

お住まいの劣化程度やお客様のご要望に応じた最適な材料、工法をお選びいただけます。
また、外壁だけではなく屋根、床に到るまで他社にはない豊富な品揃えで、住まいのすみずみまでトータルにメンテナンスすることが可能です。

こんな症状はありませんか?

チョーキング(白亜化)
チョーキング(白亜化)

ひび割れ
ひび割れ

塗膜のはがれ
塗膜のはがれ

微生物汚染(かび・藻)
微生物汚染(かび・藻)

変色
変色

さび(鉄部)
さび(鉄部)

塗膜の劣化(木部)
塗膜の劣化(木部)

塗膜のはがれ・さび
塗膜のはがれ・さび

 

色あせ(ストレート屋根)
色あせ(ストレート屋根)

 

浮き(ベランダ)
浮き(ベランダ)

シーリング材劣化(サッシ)
シーリング材劣化(サッシ)

カビ(浴室)
カビ(浴室)

住まいのメンテナンススケジュール

住まいのメンテナンススケジュール

※住宅産業協議会メンテナンス研究会「住まいのメンテナンススケジュール」より

住宅塗り替えシミュレーション

住宅塗り替えシミュレーション

住宅塗り替えシミュレーション

住宅塗り替えシミュレーション

住宅塗り替えシミュレーション

住宅塗り替えシミュレーション

住宅塗り替えシミュレーション

住宅塗り替えシミュレーション

住宅塗り替えシミュレーション

住宅塗り替えシミュレーション

 

 

塗料には、豊富なカラーバリエーションがあり、お好みの色で塗り替えることで、新築時のような美しい外観がよみがえります。上下でツートンに塗り分けたり、装飾仕上げにしたりと、表情豊かな外観にできます。

代表的な屋根形状

屋根にはさまざまな形があります。屋根の形は屋根葺き材料やその葺き方により、また屋根自体の構造によっても色々な形に変化します。その上、屋根の形には時代による流行のようなものがあります。衣服や髪形などの単なる流行のように、人々の好みの変化とだけでは説明の出来ない複雑な要素を含んでいるもののようです。

片流れ屋根
片流れ屋根

切妻屋根
切妻屋根

平行屋根
平行屋根

寄棟屋根
寄棟屋根

入母屋屋根
入母屋屋根

半切妻屋根
半切妻屋根

筒型屋根
筒型屋根

 

 

屋根材の種類とそれぞれの特徴

粘土瓦
寒冷地を除く全国各地で生産され、耐久性、断熱性に優れ、重厚感はあるが、重量もある。これまで日本の家屋でもっとも多く使われてきたが、意外と施工が難しく仕上がりが職人の腕に左右されることが難点でした。今日では、成型精度も向上し、軽い屋根材も開発されるなど、阪神大震災以来、多くの防災瓦が上市されている。
セメント瓦
粘土瓦のようなデザインにセメントを固めた屋根材。安価で施工も容易だが、耐候性・耐久性・重量の面から、今日では極めて少ない。
ガルバリウム鋼鈑「efルーフ」スレート瓦
大手メーカーが生産する住宅用のストレート瓦は、耐風・断熱・通気・耐震性が高く、意匠性も優れているものが多い。環境意識の高まりから、ゼロアスベストの屋根材に切り替わっている。

※写真は、ガルバリウム鋼鈑「efルーフ」
金属瓦
加工性のよさから、さまざまな形状・施工の屋根ができる。しかし、素材の薄さから他の屋根材に比べ、断熱、遮音に劣るものが多かった。しかし、ここのところ、防錆・防音・断熱に優れた屋根材が開発されてきた。性能の割りに安価なものもあるため、検討すべきものの一つとして復活してきた。
その他
天然素材を用いた天然スレート、蕎、茅、杉材など、さまざまな屋根材があるが極めて少ない。雨水の浸入を防ぐには、屋根全体が1枚あるいは1体の部材であるほうが有利です。 製造、運搬、施工の理由から小さなサイズになりましたが、最近の瓦・屋根材は大判にして防水性能を高めています。

大切なのは日頃の点検とお手入れ

大切なのは日頃の点検とお手入れもっと重要なことは、日頃の点検とお手入れ。家を長持ちさせるためには素人療法は禁物、必要なのはプロの目による点検と、お手入れです。
最近では屋根のプロを養成し、屋根診断制度を整備した屋根材メーカーもありますから、活用するとよいでしょう。建築後10年を経過すると、気づかないうちに相当傷んでいるものです。
定期的な健康診断による早期発見と早期治療が、屋根だけでなく、家全体を長持ちさせます。

屋根の葺き替え、壁の塗り直し

私たちは「リフォネット」に登録しています。私たちは「リフォネット」に登録しています。
是非一度、私達の会社案内をご覧下さい。

屋根の定期点検、見積もり作成まで無料で行っております。

  • 商品の仕様・価格は変更になる場合がございます。ご了承ください。
  • 工事のお見積もりは、現地を確認させて頂いた上で、提示致します。

ページの一番上へ